ビタブリッドCフェイスの口コミ!裏技の使い方を検証中!

ビタブリッドCフェイスの口コミから、発見した裏技の使い方を検証中です。ビタブリッドCフェイスの裏技の使い方をあなたも知りたい?

ビタブリッドCフェイスについて

ビタブリッドCフェイスとニベア(青缶)の相性は、実は最悪?

更新日:

ビタブリッドCフェイスは、ニベア(青缶)と一緒に使うのもおすすめだと、口コミでも言われています。
ですが、それは本当なのでしょうか?

ここでは、ニベアと一緒に使う時の方法や、効果についてまとめています。

ビタブリッドCフェイスを「ニベアに混ぜて使うと効果がアップする。」と言われています。
ですが、それは本当なのかというと…正しくありません!

ビタブリッドCフェイスとニベアは、実は相性が悪く、あわせて使うことは、実はすすめられません。

従って、もしもビタブリッドCフェイスとニベアを一緒に使うと良いという口コミがあれば、それは間違っている情報といえるので、鵜のみにしないようにしましょう。

では、どうしてビタブリッドCフェイスとニベアの相性は悪いと言えるのでしょうか?

ビタブリッドCフェイスには「アスコルビン酸」というピュアなビタミンCが含まれています。
アスコルビン酸は、水溶性なので水にとけるタイプのビタミンです。

しかし、ニベアは油性です。なので、ニベアにビタブリッドCフェイスを混ぜても溶けにくいと予想できます。
つまり、ニベアとビタブリッドCフェイスを混ぜて使っても、ニベアの油分が邪魔して、ビタブリッドCフェイスは溶けないのです!

だから、相性は良くなく、効果を十分に発揮できないといえます。

本来のビタブリッドCフェイスのピュアビタミンCが、なかなかお肌に浸透していかず、もったいないです。

ビタブリッドCフェイスを粧水に混ぜる代わりに、ニベアを混ぜるといったやり方は、おすすめできません。

ニベアは油性で、ビタブリッドCフェイスに含まれるアスコルビン酸がうまく溶けないためですね。

ここで、ビタブリッドCフェイスの特徴について少しおさらいしてみましょう。

ビタブリッドCフェイスは、お肌に純粋なビタミンC(=アスコルビン酸)を届けてくれる役割があるものです。

コスメの中には、他にもビタミンC配合のものがたくさん売られていますが、ビタブリッドCフェイスに配合されている純粋なビタミンCを含むものは少ないです。

そのため、純粋なビタミンCではなく、ビタミンC誘導体を使っているパターンがほとんど。

でも、これは、ピュアなビタミンCではないのです。

一方で、ビタブリッドCフェイスはピュアなビタミンCであるアスコルビン酸を使っている事からも、美肌効果が期待できるのです。

それでは、どうして他のコスメはビタミンC誘導体を使っている場合が多い中で、ビタブリッドCフェイスは純粋なビタミンCを含有するのに成功しているのでしょうか?

それは、LDHという酸化亜鉛を使って製造しているからです。
この技術によって、生粋のビタミンCを安定化させることができたのです。

ビタブリッドCフェイスは、ニベアと混ぜるのではなく、化粧水と混ぜて使う方がおすすめです。
化粧水はもともと水分が多いものなので、ビタブリッドCフェイスの成分も、化粧水と一緒になって肌によく浸透していくと考えられます。

お手持ちの化粧水と一緒に、ビタブリッドCフェイスを使ってみてくださいね。

-ビタブリッドCフェイスについて

Copyright© ビタブリッドCフェイスの口コミ!裏技の使い方を検証中! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.